無料ケータイHP
Header
♪ピアノの歴史〜18世紀 その2〜
《ピアノの歴史 演奏法》

それから、演奏法も現在とは異なりました。〈そのことはベートーヴェンのピアノソナタ No.8「悲愴」の冒頭でも有名ですね。はじめの音符は当時は音がなくなるまで保つのだそうです。現代ピアノでチャレンジしたい人はぜひどうぞ〉
またこの時期の成長には王侯貴族のための演奏から広いホールでの演奏に移行していくに従って、より大きな音量を必要とするようになったこともそれに拍車をかけたようです。
また、1800年にアップライトピアノもホーキンスによって発明されます。

18世紀の終わりごろから、ピアノは工場で大量生産されるようになります。
より早いパッセージを演奏するための発明〈ダブルエスケープメントアクションbyピエール・エラール〉、音量の増大を狙って弦をワイヤーにしたりと様々な工夫がなされ、19世紀半ばにはほぼ完成した現代ピアノとなりました。
その頃、活躍した作曲家がショパンやリストです。

現代へ

FC2無料ケータイHP