無料ケータイHP
@鍼灸治療室の雰囲氣と経絡治療の流れ

[Image]
<治療部屋>

《治療の流れ》
座って望診、聞診、問診します

次に仰向けで腹診、触診(指の先でケイラク上の肌の状態をチェック。凹凸、ザラザラ、ジットリ、シミなど)
脈診し、肝、心、脾、肺、腎の中で虚実を診断、胆、小腸、胃、大腸、膀胱の中で、虚実を診断(虚は正氣不足、実は邪氣がある)
《本治》仰向けで虚の内臓のツボに鍼を刺さず優しく触れ自律神経を調整

《標治》仰向け、横向きで鍼を散鍼し氣を流します
うつぶせになり体全体を散鍼(肌の表面を鍼で撫でさすります)

虚している背中や腰に米粒大の小さなお灸をし途中で消します

棒灸で全体的に温めます(間接灸)

最後に仰向けで脈診と腹診で体の状態を再確認し治療を終了です

治療後は体が軽くなったりすっきりしたり温かくなります

日常生活のアドバイスもします

治療を定期的に継続することで体や心の痛みなどつらい症状を改善させます

【横浜・横須賀・逗子・川崎・品川・大田・目黒・港区・中央・東京】東洋医学代替医療
▼電話
09025324228



FC2無料ケータイHP