無料ケータイHP
F鍼の治療方法・ご紹介

[Image]
左から説明します

『銀鍼』

この針でメインの治療を行います

鍼はささずに
ツボに接触させ『氣』をスムーズに流します

『銀のテイシン』

鍼は基本的にさしません
接触鍼はツボに鍼を触れて氣を入れ氣をスムーズに流します

小さな赤ちゃんにも使える接触鍼です

夜泣き・癇の虫・などに使えます

『金のテイシン』

『金鍼』

鍼は刺さずにツボに接触します
「氣」を大きく動かし強い痛みを改善させます

『ステンレス鍼』

これは、電気鍼などで使われています

鍼は基本的に刺さず接触します
瀉法に使います

鍼の太さは髪の毛くらいの細い鍼を使用しています

鍼はその方の体格、体力によって鍼の太さを変えます

『銀鍼でツボに鍼を触れることで自律神経や[氣]を調整し体の痛みなどの不調を改善します』


[横浜・金沢・能見台・横須賀・逗子・大田・品川・港区・中央・東京]東洋医学代替医療
▼電話
09025324228



FC2無料ケータイHP