無料ケータイHP
J脳・神経・鍼灸の関係☆西洋医学的説明♪

[Image]
《脳・神経と鍼》

痛み、暑いなどの感覚は神経から脳へ、ホルモン分泌は脳から神経へ電氣信号が伝わっておこります

その信号がうまく伝わらないと、異常な感覚や状態がおきます

例えば、食べ物の味がわからない、夏なのに寒い、インシュリンが少なく血糖値が高い(糖尿病)血圧が高い

これらは神経の『電氣信号』が乱れていると考えられます

この『電氣信号』を東洋医学の『氣』であり西洋医学的には自律神経をさしていると思われます

脳からの電氣信号の流れが乱れている状態を銀鍼で五臓の経絡のツボに接触し氣を巡らせることで

自律神経のバランスを調整し正常な状態に戻し、つらい症状を改善しているのだと考えられます

脳・自律神経は現在の医学では、ほとんど解明されていなく

現代医学の対処療法では免疫力が下がり新しい病が増加します(難病)

何千年もの経験に基づいた医学であり歴史ある鍼やお灸は

エネルギーを調整する治療として非常に価値が高いと考えられます

[横浜金沢能見台・横須賀・逗子・大田・品川・東京]東洋医学代替医療
▼電話
09025324228



FC2無料ケータイHP