無料ケータイHP
L灸の体に良い作用・自律神経系へ作用・鍼灸理論

[Image]
【お灸の治療的作用】

お灸をすることで、治療後、赤血球、血色素、血液凝固時間の短縮

また循環器(心臓)に対する作用が認められています

@増血作用
A止血作用
B強心作用

お灸を継続することで風邪をひかなくなり体が丈夫になったと聞きます

お灸により血流が増加し生体防御機能が増すと考えられます

【鍼灸の自律神経への影響】

生体の多くの臓器は自律神経である交感神経と副交感神経のバランスによって機能が営まれています

現在、仙骨部に対する鍼刺激は前立腺肥大による、排尿障害に対して、有効であると報告され

本態性高血圧に対する鍼治療の有効性も示されています

鍼灸刺激は自律神経系、内分泌系、免疫系といったシステムに働きかけ

ホメオスタシスの維持につながる治療法と考えられています

[横浜金沢能見台・横須賀・逗子・大田・品川・港区・東京]東洋医学代替医療

アルテミシア鍼灸マッサージ治療室
▼電話
09025324228



FC2無料ケータイHP