無料ケータイHP
埼玉の妖怪3

[Image]
袖引小僧(そでひきこぞう)
日本の妖怪、或いは伝説上の生物。埼玉県比企郡川島町中山上廓や埼玉県南部付近に伝承が残る妖怪である。夕暮れの帰宅を急ぐ者の袖をクイと引く。振り向くが誰もいない。気を取り直して歩き出そうとするとまたも手がクイと引かれるといわれる。
伝承地での話では、袖引小僧は元は落武者の霊であり、落武者が通行人に助けを求めて袖を引いているともいう。
またある伝承によれば、貧乏な家の子供が、道端の地蔵の陰で共働きの両親の帰りを待っており、両親が帰って来たので飛び出したところ、両親は最近評判の盗賊だと思って殴りつけて死なせてしまい、その子供の霊が袖引き小僧となったという。



FC2無料ケータイHP