無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

13.ゴーヤ茶

ゴーヤの種には共役リノレン酸が豊富に含まれています。共役リノレン酸は身体の中で共役リノール酸に変わります。共役リノール酸(CLA)は体脂肪の燃焼を促進する働きがあります。ゴーヤそのものを料理して食べるほかにも、共役リノール酸のサプリを飲んだり、ゴーヤを茶にしたものも販売されています。
■ ゴーヤ茶 1.5g×30包 【オールライフサービス: 健康食品 健康茶・ハーブティー】 ニガウリことゴーヤは沖縄を代表とする味です。と同時に台湾や東南アジア諸国でも極めて普通に食されています。正式な植物名はツルレイシ(瓜科のMomordica charantiaL)といい、ニガウリ、ニガゴイ、カッタイカズラ、キンレイシ、ナガレイシ等、地域によって多くの別名があります。沖縄の代表料理ゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーの果実を豆腐と一緒に炒めたもので、精力をつける食べ物として、夏バテでお悩みの方に古くから重宝がられてきました。しかもゴーヤに含まれるビタミンCは、炒めてもほとんど減少しない健康野菜の代表格といえましょう。



FC2無料ケータイHP