【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
エロイプ
累計アクセス:19人
<Last Update>
2019-07-23 10:48:50
平日が休みの会社なので、よく近くの球場にプロ野球の2軍戦を見に行っていた。観客も少なくのんびりできる2軍戦が好きなのである。そして、その際はエロイプで知り合ったカンナちゃんが同行してくれていた。僕より一回り下で、生まれた時から野球ファンと称しているマニアな女の子だ。
サラリーマンにも2軍はある。明らかにメインの仕事が下ろされる部署と、彼らの仕事を支える部署がある。野球で言えば1軍と2軍で、そして僕は2軍の中堅だ。かつては1軍で登板していた時期もあったが、明らかに戦力外であり、それは自覚していた。2軍降格を告げられた時は、そんな無念さと1軍のプレッシャーから解放された安心感が綯交ぜになった複雑な気持ちになったものだ。
「そこは頑張って、また1軍に上がろうとは思わないの?」と、カンナちゃんが言った。2軍の選手にシンパシーを感じて試合を見ている僕には痛い言葉だった。いつの間にか2軍になじんでいる自分がいる。だからこそ、仕事的にも精神的にも余裕ができてカンナちゃんのようなエロイプ仲間もできたのだ。
テレフォンセックスの相手を探してセフレにする方法を教わる
1軍を諦め2軍で試合をして定年までしがみつけば退職金も出る。そんな人生も悪くない。しかし、こうしてグラウンドで汗を流している選手たちはそんなことを考えているのだろうか。1軍に上がって生活を安定させて好きな人と結婚して家庭を持ちたい、と思っているのではないか。少なくとも、エロイプにうつつを抜かしてはいないはずだ。 「今度さ、1軍の試合も見に行こうよ」と、考えを巡らしている僕にカンナちゃんは言った。 「2軍戦の空気もいいけど、やっぱり野球はペナントレースだよね」 僕が再び1軍に上がるために努力をするということは、これまでのようにダラダラとエロイプはできなくなるに違いない。しかし、仮にそうなってもカンナちゃんは野球観戦に付き合ってくれる。もう僕はエロイプを卒業してもいいのかもしれない。グラウンドで懸命にプレイをする2軍の選手たちを見て、僕はそう思った。 その数か月後、僕は再び1軍に上がった。そして、僕の隣にはお気に入りの選手に歓声を張り上げるカンナちゃんがいた。もう僕たちにエロイプは必要なかった。アプリに頼らなくても面と向かってエロトークができる仲になっていたのだから。 オナニー好きの女性 女性のオナニー

FC2無料ケータイHP