【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
オナニー動画

累計アクセス:30人
<Last Update>
2019-08-27 11:04:37
 安いアパートで一人暮らしをしている、29歳の会社員です。
オナニー動画を見ながら、シコシコやっているのを、女友達に見られてしまった経験があります。
ガチ、気まずいのなんの。
でもそのことが、まさか生オナニーを拝見することになるとは、想像すらしていませんでした。

 女友達は、学生時代からの付き合いです。
異性としてはあまり意識する必要がない、そんな相手でした。
ちょいふっくら気味。
顔は地味だけど、どこか愛嬌はある。
ちなみにオッパイや、尻は大きめ。
休日でやることもなく、彼女もいないため性処理をしようと思い、いつものようにオナニー動画を再生しながら、イチモツをしごいていました。
自分としたことが、部屋の鍵をかけ忘れていたのです。
オナニー動画を利用して、シコシコ夢中でやっていた時のこと、ガチャリと部屋のドアが開く音がして、焦って振り向いたら、そこには女友達が立っていました。
彼女、目をまん丸にしていました。
オフパコ
自分しばらく、何が起こったのか判断できず、硬直状態。 「あっ」と、女友達が声を上げた途端、現状を把握して股間を隠し、PCをスリープに。 しかし、時すでに遅しでした。 オナニー動画でオナニーしていたところを、ガッツリ女友達に見られてしまったのです。 なかなか言葉が出せなかった自分。 彼女、スタスタと部屋に入り込んで「こんなことやってたんだ」と、意地悪な笑顔を見せながら言ってきました。 なかなか言葉が出ませんでした。 「本当のオナニー見たことある?」 「え・・・」 「生の女のオナニー」 「な、ない・・けど・・」 「私のこと見て、シコシコやってみない?」 「ええっ・・」 すると、その女友達が裸になったのです。 今まで気がつかなかったのですが、太ってはいるけれどナイスバディー気味。 ブラもパンツも脱いで、目の前でオナニーを始めてしまったのでした。 当たり前のことをするように、再びイチモツを触りだした自分。 動画なんて比較にならないほどの、超エロチズム。 女友達のオマンコは、びしょ濡れ。 生々しい喘ぎ声に我慢ができなくなってしまい、つかつかと近寄り、彼女のオマンコにINしていました。  これがきっかけで、いまではすっかりセフレ。 週に何回も、自分の部屋にやってきてはパコパコ。 たまには激しく声を出したいからと、ラブホテルにも行っています。 オナ電 オナニー電話



FC2無料ケータイHP