【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
パトロン
累計アクセス:322人
<Last Update>
2017-10-07 15:00:08
私は都内の大学に通う20歳の大学生です。
私の大学は一般的にお嬢様大学といわれていますが、私は家が貧しく、仕送りはなし、アルバイトと奨学金で生活していました。
友達もいたけど、やっぱり服装も違うし、持ち物も全然違う。
話題も合わなくて、だんだんつらくなってきて、次第に友達も減っていきました。
3年生になった頃、私は職業体験で50代の男性と知り合いました。
彼は会社役員で、一見すると40代くらいに見える二枚目の男性でした。
親切に接してもらっているうちに、私は彼に恋心を抱きましたが、彼は既婚者だったので諦めていたんです。
そうして職業体験が終わる日、打ち上げで飲み会に行った後、彼から2人でもう少し飲みませんかと誘われました。
私はちょっと期待しながら彼の誘いに応じました。
わざとお酒を飲みすぎ、彼にしなだれかかるように挑発して・・・
IT企業の社長とパパ募集掲示板
すると彼は私に好意を持っていると認めてくれたけど、私を大事にしたいからとその日は何もありませんでした。 だけどその後、彼から個人的に連絡をもらうようになり、奥さんに内緒で会ううちに深い関係になりました。 彼は私の経済状態を知って、私のパトロンになってくれると申し出てくれました。 私は好きな人にそういう負担をしてほしくなくて、何度も断りましたけど、「あと2年足らずの学生生活を楽しんでほしい」と言われて、その気持ちが嬉しくて申し出を受けました。 彼は私の学費と生活費を援助してくれて、デートのたびに服やアクセサリーを買ってくれました。 彼は「自分が女の子を磨いているのが楽しい」と言ってくれて、私もおしゃれが楽しいだけでなく、学内でも浮かなくなってきて、学生生活を楽しむこともできたんです。 彼と私の関係は、私が就職して結婚相手を見つけるまで続きました。 最後は私の幸せを願って、何も言わずに身を引いてくれました。 彼が私のパトロンになってくれたおかげで、私は幸せな時間を過ごすことができました。 本当に彼には感謝しています。

FC2無料ケータイHP