無料ケータイHP
Header
インテリアカラーのポイント2

[Image]
上のカラーチャートの色と色の角度で、
簡単コーディネートに役立ちます!

・90度程度の差→安定感  
(例:黄色-緑など)
・180度(補色)→アクセント
 (例:赤-青緑)

・床や壁は同系色でまとめる
  ⇒肌の色と近いカラー・トーンを使用、“同化”しやすく落ち着く


色による心理的効果
ブルー系   → 気持ちが落着く色なので寝室向き
オレンジ系 → 気分を高め明るいイメージになります
グリーン系 → 精神を安定させ疲れを癒す、目も休めリラックス        
パープル系 →  鎮静作用があり上品なインテリアになる

▼電話
電話で聞いてみる!



FC2無料ケータイHP