【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
クリオナニー
累計アクセス:108人
<Last Update>
2019-05-01 17:05:55
彼女と一緒に出掛けた水族館で、水槽の中をゆらゆらと蠢くクリオネを見た時、俺は彼女のクリオナニーを連想した。
「わーきれいー」と、彼女は水槽に手をついてクリオネが奏でるゆったりとした時間を楽しんでいる。きっと彼女はクリオネを通じて雄大な海洋ロマンの世界に心を奪われているのだろう。一方の俺はそんな彼女のジーンズに包まれたでっかいケツの奥にあるクリトリスを想像してセックスロマンを味わっている。
まあ、僕たちは友達以上恋人未満だ。セックスもやぶさかではない仲ではあるが、セフレと言うほどセックスに没頭しているわけではない。しかし、俺は彼女のことが大好きだ。わずかながらの彼女とのセックス体験をおかずにして毎晩記憶オナニーしているほどである。
ただ、ちょっと俺は草食傾向もあるのだろう。自分からなかなかセックスの誘いをする勇気が出なかった。どこかのドラマのヒロインのように「ね、セックスしよ?」とか言ってくれたら楽なのだが、彼女もまたそんなことは言わなかった。
テレフォンセックスでオナ指示されてメチャクチャ興奮する
俺が彼女のことを思ってオナニーしているように、彼女も会えない時は俺のことを思ってクリオナニーしてくれたりしてないかな?と思ったりもするが、女の性欲を男と同列に扱ってはいけない。彼女にとって俺はセフレではなくてデートフレなだけかもしれない。クリオネと言う言葉からクリオナニーを連想してしまうのだから俺も相当に溜まっているのだが、今日もセックスを切り出せないまま、1日が終わろうとしている。 「ねえ知ってる?」と帰り道で彼女が話しかけてきた。「クリオネって肉食なんだよ。触手を伸ばして相手を捕食するんだって。かわいいのにエグイよね」と彼女は知識を披露してきた。俺は彼女を捕食できていない。自分が何を恐れているかわからないがクリオネ以下の存在だ。すると、そんな俺に対して彼女は手を伸ばしてぐっとハグしてきた。 「捕食完了ー!」・・・そして、俺は彼女に捕食された。クリオネという言葉からクリオナニーを連想して悶々としていた俺だが、彼女はクリオネの生態からセックスを連想してしまって悶々としていたそうだ。俺以上に彼女はエロ脳だったのだ。 「クリオナニーもいいけど、やっぱり捕食されるのがいいよね」と言う彼女のクリを俺はガッツリと捕食した。ちょっと海水のような味がするクリだった。 乳首イキ クリオナ

FC2無料ケータイHP