無料ケータイHP
多剤耐性アシネトバクター

[Image]

主には、細菌感染症に対する抵抗力が低下した患者に様々な病気を引き起こしますが、症状は病気の種類によって異なります。 また、症状が出ずに付着しただけの保菌状態となる事も多いものです。

アシネトバクターは、通常は健康な人に感染しても害を及ぼす事の少ない菌です。土や河川などの自然環境中に生息する菌ですが、砂遊びや水遊びで感染する事はほとんど無いといわれています。しかし、多剤耐性アシネトバクターは、一度発生すると病院内に広がる事があります。特に人工呼吸器のような湿度の高い環境を好む一方で、乾燥した環境でも数週間以上生存できる事が知られています。このため、人の皮膚や医療機器、てすり等の院内環境に生息します。
手洗いや消毒が不適切
であると、手指の接触により感染が広がる恐れがあります。主な感染経路は接触感染となります。呼吸器感染症をきたした場合は飛沫感染の形で伝播する可能性がありますが、空気感染する事はありません。

アシネトバクターの感染を防ぐには、環境を清潔に保ち、医療器具等の消毒や手洗いを徹底する事が重要です。



FC2無料ケータイHP