無料ケータイHP
感染形態

[Image]
インフルエンザの感染形態は次の3つに分けられます。

1.飛沫感染 
主にくしゃみや咳により気道分泌物の小粒子が周囲に飛び散り、直接に周囲の人の呼吸器に侵入してウイルスの感染が起こります。

2.接触感染
飛沫に汚染されたモノなどに触れることによって、ウイルスが付着した手を介する感染です。

3.空気感染
飛沫から水分の飛んだ、ごく細かい粒子(飛沫核)が長い間空中に浮遊するために、感染者と同じ空間にいる人がウイルスを吸入することによって起こる感染です。

予防策としては以下の4種類が主とされ、自己管理下でいかに予防策を徹底するかにかかっています。

■手洗い
■うがい
■マスク着用
■健康管理
デオミックスは接触感染と空気感染に対して予防効果があり、飛沫感染に有効的なマスクの着用に対しては、マスク自体にデオミックスをスプレーする事で飛沫感染のさらなる予防、また、マスクを捨てる際に無防備になりがちなマスクに触れてしまうことからもあなたを守ります。



FC2無料ケータイHP