無料ケータイHP
空気感染

飛沫から水分の飛んだ、ごく細かい粒子(飛沫核)が長い間空中に浮遊するために、感染者と同じ空間にいる人がウイルスを吸入することによって起こる感染です。
飛沫核感染とも言われます。
狭い気密な部屋などでは粒子が比較的長く浮遊することがあり、空気が低温で乾燥していると、ウイルスはより長く感染性をもち続けています。
このような条件がそろうと空気感染が起こることがあると思われます。空気感染を防ぐ上では、空調や換気、温湿度の管理などが重要です。



FC2無料ケータイHP