無料ケータイHP
Header
本堂
善光寺本堂は、屋根が檜皮葺きの撞木造(しゅもくづくり)となっています。これは、入母屋造の屋根を丁字形に組み合わせたもので、堂の手前の部分は南北棟、奥の部分は東西棟になり、上方から見ると大棟の線が丁字状になっています。内陣には、地蔵菩薩像と弥勒菩薩像などを安置しています。明治28年に国宝に指定されました。

善光寺本堂のつくり

FC2無料ケータイHP