無料ケータイHP
Header
ハンノキ
現在の善光寺境内が造成される前は、湯福川が善光寺の北西にある湯福神社から山門にかけて流れていました。その川の北側は湿地帯だったようで、今もその影響を残す樹木が残っています。現在、善光寺本堂の裏手に4本のハンノキがあります。(うち2本は切り株になっています。)ハンノキの樹高は15mから20m、直径60cmほどで、果実は松かさ状になります。

FC2無料ケータイHP