【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
謝礼交際
累計アクセス:180人
<Last Update>
2018-10-15 12:13:45
謝礼交際サイトで知り合った彼女は、長身でスレンダーな美女だった。
待ち合わせに来る前に、フィットネスクラブのプールで泳いできたらしくて、水泳で引き締まった体は見るからに健康的だった。
パリコレのモデルとしてステージを歩いていてもそん色ない・・・とはちょっとほめ過ぎだろうか。
僕は、学生の頃は雑誌グラビアでこんな感じのモデルさんの水着姿をおかずに、種切れになるまでオナニーをしたものだ。
成人して大人になってもちっとも彼女は出来ないが、こうして散々オナニーしたグラビアギャルっぽい女の子とセックスできるのだから、成人バンザイだ。
彼女は、もちろん謝礼交際なのだからお金が目当てではあるのだけど、それ以上にフリーなセックスを楽しめたらいいなあと考えていると言っていた。
何から何まで言う事なしだ。
彼女の下着姿だけで、僕はもうイッてしまいそうになる。2次元のグラビアが3次元のグラビアになって僕の前にいるのだ。
一緒にお風呂に入って洗いっこをして、僕も彼女も準備万端だ。
しかし、である。
パトロン
セックスがそれほどでもなかったのだ。僕も一応童貞ではないのだけど、これまで味わったセックスと何ら変わりないものだった。 彼女の名誉のために言うと、決してマグロだとかあそこが臭いとかそういうわけではない。あくまでも僕の問題で、謝礼交際で何人もの女性を抱いて、何と言うかセックスに対して淡泊になってしまったような気がする。 下着をつけようとベッドから立ち上がった彼女の引き締まった後ろ姿を見ながら、グラビアモデルには興奮して生のセックスに物足りなさを感じる自分は何なのだろう?と考えた。 その時、僕は閃いた。そして、彼女にプールで着けていた水着を着用してくれないか頼んでみた。 彼女は不思議そうに「別にいいけど?」と、グレーのワンピース型の水着を着用して、僕に向かってポーズを取ってくれた。 すると、途端に僕のモノが反応したのだ。 水着の奥に存在するものを想像して散々オナニーしていた僕は、いつしか水着でしか興奮しなくなっていたのだ。 僕は、彼女に謝礼をはずんで、水着姿でたっぷりとオナニーさせてもらったのだった。 裏垢女子 ワリキリ

FC2無料ケータイHP