【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
筆おろしされたい
累計アクセス:24人
<Last Update>
2019-09-22 17:47:38
 僕のスペック。
年齢は22歳。
身長は170センチくらい。
職業は、何処にでもいる普通の大学生。
顔は平凡以下。
髪の毛、少し薄め。
体型は、太り気味。
これでお分かりの通り、モテないんです。
ダサいんです。
非モテなんです。
それで、ありきたりですが童貞でした。
だからこそ、筆おろしされたいって、考え続けてしまっていたんです。
そんな僕が、ネットで人妻と知り合うことになりました。
相手のスペック。
年齢は34歳。
顔は若干イモトアヤコ的、だけどブスじゃありませんでした。
体系的には、やや贅肉が付いていた。
胸の膨らみはEカップ。
そうなんです、筆おろしされたい思いを、この人妻が実現してくれたのでした。
童貞狩りアプリ
 和菜さんと、メールで意気投合したために、無料通話アプリでお話をするようにもなりました。 「家庭の中でエッチってするんですか?」 「もう、随分とレスになっちゃってるよ」 「それって、不満にならないんですか?」 「なるから、ネットでナンパしてもらってるんだよ」 この一言に、筆おろしされたい希望が、メチャクチャ明確なものになったような気がしました。 「悠真(僕)くんは、彼女いるんじゃないの?」 「彼女作った経験がないんです」 「エッチしたことないの?」 「はい(汗)」 「不満になっているんじゃない?」 「まあ・・筆おろしされたいって、いつも考えちゃってて」 かなり赤裸々な会話でした。 正直言えば、興奮しちゃってオッキしていました。 なんだかんだのエロい話が進んじゃって、エロ写メの見せ合いになっちゃったんです。 生々しい人妻の裸体に、興奮は究極的でした。 僕のオッキした肉棒を見た和菜さんも「美味しそうなオチンチン」と、言ってくれちゃって、流れからアポも決められてしまったのです。 マジでか?って感じでした。  和菜さんと、ルンルンなラブホテル。 「5時までには帰らなければいけないから、それは忘れないでね」 「はい」 そんな会話からセックススタート。 和菜さんのパンツに手を入れたところ、マン汁が溢れちゃっていました。 触ると、熱い吐息が漏れ始める。 徐々に裸にして、エロチックな肉体を見て触りまくっていく。 メチャクチャな興奮が押し寄せてきました。 フェラもやってもらいました。 臭いオマンコをクンニもしました。 柔らかなオッパイを触り、硬い乳首を吸いました。 そして、生まれて初めてのドッキング。 こりゃたまらんな気持ち良さに、ズッコンバッコンが止まりませんでした。  無事に一人前になれちゃって、本当に安心できました。 一度限りで終わってしまうのかなって、考えていたんですが、それ以降も待ち合わせに応じてもらってしまっています。 プチ援助交際 プチ援助交際

FC2無料ケータイHP