【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
JCが相手の援交
累計アクセス:17人
<Last Update>
2018-12-04 21:57:22
ミスズちゃんはJCだった。
何も、僕が出会い系サイトでJCを拾ったわけではない。ミスズちゃんは年齢を詐称してサイトに入り込んでいたのだ。
援助交際を繰り返している僕だけど、その辺の節操は持っているつもりだ。
偉そうに言える立場ではないが、JCが相手の援交は考えられない。彼女の親の立場からしたら、JCの娘が援助交際しているなんていたたまれなくなるはずである。
もちろん、ミスズちゃんにも事情はあるのだろう。
さすがに年齢が分かった以上、ホテルへ連れ込むわけにもいかず、かと言って突き放すわけにもいかず、僕はミスズちゃんを連れて個室の喫茶店に入った。
コーラを飲みながら話をしているうちに、ミスズちゃんは涙をこぼし始めた。
根本には家庭不和があって、家出を繰り返していると言う事だった。
ただ、ミスズちゃんはそんな家庭に対して怒りを持っているわけでないことは、涙が物語っていた。上手く歯車が回らない家庭の状況に悔しさと悲しさがあったのだろう。僕はそんなミスズちゃんの言葉に真剣に耳を傾けていた。
JC 援交
ミスズちゃんは泣くだけ泣いて、言葉を吐くだけ吐いたら、気持ちが楽になったのだろう。「今日はありがとうございました」とお礼を言って帰って行った。 それからも、僕はたびたびメールでミスズちゃんとやり取りした。不安定な時期らしく自暴自棄になっていたこともあったが、最後には落ち着くことの繰り返しだった。 いつしか、僕はミスズちゃんのメンタルパートナーになっていたようだ。 ただし、地方公務員の試験を受けようと思うと言う内容を最後にミスズちゃんからのメールは途絶えた。 きっと試験勉強を頑張っているのだろうな、と、僕は便りがないのは元気な証拠だと思って安心していた。 そんなミスズちゃんと再び会うことになったのは、それから1年後の事だった。彼女の方から連絡を受けたのだ。 当時、JCだったミスズちゃんは、5年が経ってすっかり大人の女性になっていた。地方公務員にも合格して元気に職務をこなしているらしい。 ミスズちゃんは、あの頃に僕の存在が支えになってくれたから、とお礼を言ってくれた。そして、僕に豊かになった体を絡めてきた。 「もう、JCが相手の援交ではないですよね?」 こうして、僕たちは一人の男と女として出会いをしたのだった。 ノンケ 異性愛者

FC2無料ケータイHP