無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
島の古墳巡り
[Image]
古墳は古代権力者の墓です。壱岐の島の古墳の数多くは古墳時代の終わりごろ、およそ6世紀末から7世紀初めにかけて造られたと一般的な学説で言われております。

江戸時代の「壱岐国続風土記」という本が島内に338基の古墳があると記憶されていて、現在のところ、壱岐の島・島内には256基の古墳が残っている。

長崎県内にある古墳の数423基本のうち、何と62.5%をしめています。

とりわけ、勝本町の百合畑を中心とした地域には91基の古墳があり、壱岐の島内で最大級の古墳群となっています。

FC2無料ケータイHP