無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
祥雲寺の山門
[Image]
祥雲寺の山門

明治四十二年(一九〇七年)に、祥雲寺五代・蓬莱広信和尚によって建てられたものである。

当寺ではその翌年に江湖会(曹洞宗で四方の僧侶並びに檀信徒を集めて修行を行うこと)が催され、これを機に建立されたものと言われている。

石工は布気(現勝本町百合畑触)の茶屋本初蔵(慶應元年生、大正四年没)で、初蔵四十四歳の時の制作である。

ところで当寺の様な石燈籠の上に鯱を戴く山門は島内にはなく、おそらく広信和尚の考案であっただろうが、これを彫刻した初蔵は、明治時代に於ける壱岐の石工の技術の高さを示す逸品を残したことともなった。

FC2無料ケータイHP