無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
天手長男神社(あまのたながお)神社
[Image]
天手長男神社(あまのたながお)神社

壱岐国の一の宮である。

一の宮であるが、平安時代後半から、国司は任務地の主要な神社に参拝するのが一種の例になっていた。

その様に、国内の神社の管理・祭祀の任務があり、便宜上行われた国内神社の序列化が一の宮の起源ではないだろうかと言われている。

一の宮とは諸国の国内で一番の地位を占める神社だそうだ。

天手長男神社は137段の階段を登り詰めたところに社殿があり、ところどころに極彩色の装飾が残って昔の栄華が色づく姿は何とも言えない趣がある。

祭神は天忍穂耳尊、天手長男命、天錐女命で脇のお堂には産着が奉納されていて
子供の無病息災を願う。

また、当神社から出土した石造弥勒坐像(高さ54.3cm)には延久二年(1070)の銘があり、日本で3番目に古い石像として国の重要文化財になっている。

FC2無料ケータイHP