無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
興神社
[Image]
興神社

興神社は延喜5年(西暦905年)勧請から延宝(西暦1676年)の橘三喜による式内社査定
までの770年間は印鑰大明神であった。

今も境内に「印鑰宮」の鳥居石額が小さな石祠の傍に祀られている。

印鑰社は国司の印を納める庫の鑰を祀る社であるから、この周辺に国府があったことの証左であり、大宰府と結ぶ津(優通駅)と近い湯岳・興触に8世紀代には国府が国分から移っていたのであろう。

祭神 足仲彦天皇 仲哀天皇 息長足姫尊 神功皇后
相殿三座 誉田別天皇 応神天皇 
       天手力雄命 
       大鷦鷯天皇 仁徳天皇

FC2無料ケータイHP