無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
河合曽良終焉の地
[Image]
河合曽良は長野県諏訪市にて慶安二年(一六四九年)に生まれ、35歳の時に松尾芭蕉に出会い入門し、芭蕉門十哲の一人である。

曽良は、幼くして両親、養父母を相次いでなくし三重県の伊勢長島の伯父の家で成人した。

俳号曽良の由来は、伊勢長島の地が木曽川と長良川に挟まれていたことに因み、二つの川の「曽」と「良」をとり、俳号を「曽良」としたと云われている。

宝永七年(一七一〇年)巡見使一行(三五名)の随員として壱岐勝本まで来たものの、
旅の疲れが出たのか病床に臥し、ついに当時海産物商を営んでいた中藤家で62歳の生涯を閉じた。

曽良の墓は勝本城跡中腹の能満寺上の中藤家の墓地にある。

FC2無料ケータイHP