無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
土肥家の阿房塀
[Image]
安永年間より天保年間に至る間を土肥家のもっとも富有の時代だったと言われている。

土肥家は鯨組を壱岐だけでなく、平戸、対馬、小川島にも出している。

明和四年(一七六七年)九月、土肥市兵衛は勝本の本浦を開拓してお茶屋敷を建てた。

土肥家のお茶屋敷には当時の平戸藩はもちろん、九州各地の大名が金銭融通の為使者を送り、松浦藩主は自ら来遊することもあったという。

壱岐の各港町「浦」と呼ばれるところには当時鯨組で活躍した家が幾つかあったと言われている。

当時の言い伝えでは「大きな鯨を一頭取れると一家が一年は優雅に暮らせた。」と言うので、土肥組は最漁期江戸時代中期以降、操業体制は操業船56船、従事者858名からなる大事業で、鴻池、三井とともに日本の三大富豪の一つとして数えられたほどである。

3年かけて築いたというその屋敷の塀高さ7メートル、長さ90メートルの大きな塀は、京都・大阪方面より数多くの美女を、
呼び寄せて住ませていたことから、人目を避けるための塀であったとも言われている。

FC2無料ケータイHP