無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
原田酒造
[Image]
勝本の酒造業者は明治時代には十二戸もあったと言われ、壱岐島内4町の中で最高位を占め、年間の焼酎醸高が約七千石で、対馬に輸出されると記されている。

その外人物伝に、原田卯八郎翁伝に、明治二十年酒造業を開始したとある。

原田酒造は清酒「蔦の寿」を吟醸、焼酎製造は大正時代になってからであろう。銘柄「大正」を醸造、その後「酔心地」と銘柄を変えられた。

明治から昭和にかけて100年余年もの間、原田、石橋、殿川の三酒造は、清酒、焼酎の吟醸に尽くして来られたが、現在では、6社が合併し「壱岐の蔵酒造株式会社」として焼酎を製造されている。

原田酒造の「蔦の寿」の様に長年島民から愛されたお酒があるように、その銘柄で当時を綴られ、懐かしがられる方も多い。

殿川酒造は、清酒「寒椿」を醸造し、後に「白梅」を醸造され、石橋酒造は清酒「福椿」で、焼酎は「椿正宗」である。また、吉田酒造は、昭和二十年戦前まで清酒「鬼ヶ島」を醸造されていた。

軒先にある杉玉は、新しい酒が出来た事を知らせる役割を果たす風情豊かなものだ。

FC2無料ケータイHP