無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
平景隆の墓
[Image]
平景隆の墓

新城神社拝殿の横に平景隆の墓所がある。

文永11年(西暦1274年)10月14日、壱岐の北西海岸から上陸した元軍との戦いにて、人数的にも武力的にも圧倒的に不利だった景隆は樋詰城に退却したが、翌15日に絶望のうちに自刃したとされている。

新城神社は、壱岐の守護代・平景隆の本陣である樋詰城があったところであるが、
荘園制度の中世から貴族はやがて時代の流れの中で武士の道を選ぶものも多かったと思われるが、新城はそんな中、新庄と記されていた時期があったのではないかと歴史を紐解いてみたくなる。

実際、壱岐の島に渡ってきた武士の中では、姓名の歴史学からすると北部九州の貴族の血を継いだものもいるようだ。

FC2無料ケータイHP