無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
唐人神
[Image]
印通寺港の西岸壁近く、赤い小さな鳥居をくぐると、桜の古木の根本に石の祠が並んでいて、それぞれに陰と陽の石像が安置されている。

時は中世の頃、この地に唐人の下半身が流れつき、それを土地の漁師が祀ったと伝えられている。

腰の下の病気に霊験あらかであると噂が広まり、夫婦和合、良縁、安産に神通力があると言われている。

「わたしゃ唐人崎の唐人神よ、腰の御用ならいつも聞く」こんな不思議な伝えが今も残っている。

FC2無料ケータイHP