無料ケータイHP
シン、指輪を買う4

「シン、もってるね」
 ステラは笑顔で首を傾け、シンに言った。シンの手元には白い携帯が握られている。
「あ、うん。でも仕事にしか使わないよ」
 何故か慌てて返事してしかうシンだったが、思いなおして大好きな笑顔に同じように微笑んだ。
「ステラ、ほしいものある?」
「うん。ある」
 笑顔からゆっくりと微笑に変わり、ステラは少し俯いた。
 かわいい。
 素直に返事したのに、言い出せないようで黙ったままだ。
「なに?」
「・・・・・・シン」



FC2無料ケータイHP