【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
セフレが欲しい
累計アクセス:85人
<Last Update>
2019-03-15 21:36:47
「アンタは単にセフレが欲しいだけなのか、それとも、きちんと私と付き合いたいのか!」とリンカさんが啖呵を切ってきた。
そもそも、リンカさんとは行きずりの仲だ。僕がよく行くバーでスコッチを煽っていると、声をかけてきたのはラテン系のゴージャスファッションに身を装ったリンカさんだった。僕は10歳年上の女性に逆ナンされたのだ。
女性経験と言えば10年ほど前の風俗嬢相手くらいしかなかった僕を、リンカさんはスムーズに導いてくれた。服を脱ぐと年齢からか多少ボディーはボテっとしていたが、セックスそのものは優しく丁寧にリードしてくれた。僕にとってはセックスさせてくれる素敵なお姉さんだったのだ。
そこで連絡先を交換した僕たちは、何度かセックスをしていた。誘いはいつもリンカさんからで僕から誘うことはない。完全にリンカさん主導で僕たちの関係は成り立っていたのだ。傍から見ると、僕とリンカさんの関係はセフレなのだろう。そして、僕の認識もやっぱりセフレだ。
セフレ 作り方
女性として付き合うならば、年下で自分のことを「ぼく」というような女の子がタイプであり、熟女フェロモン充満なリンカさんは、僕にとっては「セックスさせてくれる人」。つまりセフレだ。もちろん、リンカさんのことは嫌いではない。セフレが欲しい僕にとってはありがたい存在であるし、本当のお姉さんのように優しい(まあ、姉とセックスする弟はいないが)。 そんなリンカさんが、ある時、僕にそう迫ってきたのだ。リンカさんはセフレなのかカノジョなのか。結論は明らかであり、リンカさんに問われるまでもなくセフレだ。カノジョには成り得ない。リンカさんも割り切っていると思っていたのだが、そんな問いかけをしてくると言うことは彼女の中にも何らかの葛藤があるのだろう。 すると、リンカさんは最初に出会ったバーで声をかけてきたのは、行きずりでも勢いでもなく狙った行動であったことを告白してくれた。リンカさんはずっと前から僕に事を知っていたのだ。 「私、ずっとアンタのこと好きだったんよ」 その時、僕はやっと気づいた。リンカさんこそ10年前に僕を初体験に導いてくれた風俗嬢だったことを。 オナ電 オナニーの見せ合い

FC2無料ケータイHP