無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

7ページ目

踏んでしまったり、寝そべった拍子に潰してしまったなど起こる可能性があります。室内での散歩の危険のほとんどは、飼主が散歩前の準備をしっかりすることと、散歩中に目を離さなければ防ぐことが出来るものが多いです。
 野外での散歩の危険は、目を離したすきに何処に行ったか解らなくなる危険。(外で何処に行ったか解らなくなると、そのまま最後のお別れになってしまうことも多いです。)ハムスターに有害な植物などを食べてしまう危険。飼主の気がつかない所から猫や鳥が狙っていることもあります。



FC2無料ケータイHP