無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

1ページ目

 大きくて、真っ黒なつぶらな瞳は、夜行性の動物に多く見られる特徴です。網膜には錘状体(すいじょうたい)細胞と杆状体(かんじょうたい)細胞があります。夜行性のげっ歯目はほとんど、光の明るさを感知する杆状体細胞なので、暗くても行動することが出来ます。ハムスターはすごい近眼で、薄ぼんやりとしか見えてなくて動きの少ないものは苦手のようです。夜行性ですので暗がりで物を見る力はあります。視界は、目が顔の横の方にあるため広く、270度くらいあります。(人間は210度くらいです。)



FC2無料ケータイHP