無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
我が人生をいく
累計アクセス:521人
<Last Update>
2018-08-05 16:50:44
 はたちのある日

 突然東京からやって来た男
「浅井延四郎」四十歳、

この男と目と目があった瞬間、
お互いの目から電光が走った。

 怖くって目線を下げたがこの男の電光が追って来る。

また怖くなって目線を下げたが、さらにこの男の電光が追って来る。


頭の先から足のつま先まで次々と電光が走った。

 そして、その電光と電光かぶつかり合い火花が散った。

 まさに漫画の世界か恐怖の一瞬の出来事でした。

FC2無料ケータイHP