無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

33マルセル・ジュノー博士記念碑

[Image]
マルセル・ジュノー博士(1904〜1961)スイス医学者
1945(昭和20)年8月9日赤十字国際委員会の主席代表としての当初来日の目的は連合軍捕虜等の動静を調査すること。
ジュノー博士は、原爆被災の惨状を知り、占領軍総司令部へ行きヒロシマ救援を強く要請、9月8日調達した15トンもの医薬品と共に広島入りし被爆惨禍の実情を踏査自らも被爆市民の治療にあたり、博士の尽力でもたらされた医薬品は市内各救護所へ配布され数多くの被爆者を救った。博士の人道行為に感謝し、国際赤十字のヒューマニズムを讃え記念碑を建立。



FC2無料ケータイHP