無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

45峠三吉詩碑

[Image]
峠三吉 (1917-1953)
詩人。大阪府生まれ。幼時に広島へ移り1935年に広島商業学校卒業、広島瓦斯株式会社に勤務。在学中より詩作を始め、勤務後結核罹患。キリスト教の洗礼を受ける。1945年、広島で原爆被爆、戦後は広島で文化運動のリーダーとなり、新日本文学会に参加。共産党入党。1950年に「われらの詩の会」を結成。1951年、謄写版の『原爆詩集』を出版。1952年に詩集『原子雲の下より』を編集する。1953(昭和28)年手術中に死去、享年36歳の若さだった。
建立:1963(昭和38)年8月6日
碑文三宅一子書、大原三八雄英訳書



FC2無料ケータイHP