無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

06原爆ドーム

[Image]
1945(昭和20)年8月6日(月)8:15米軍投下の原子爆弾の爆風がほとんど真上(広島県産業奨励館が爆心地から≒160mで原爆が高さ≒580mの処で炸裂)からであったので、壁の一部が残りドームの鉄骨が残りました。
その形からいつしか「原爆ドーム」と呼ばれるようになったそうです。
原爆ドームの保存は、「原爆による惨禍の証人として保存する」と「危険物であり、被爆の惨事を思い出したくないので取壊す」との意見の対立がありました。
1966(昭和41)年7月の市議会にて満場一致で永久保存が決まりました。



FC2無料ケータイHP