無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

06空鞘稲生神社

[Image]
宇迦之御魂・宇気母智神・和久産巣日神の三柱が主祭神。
縁起は天文年間(1532〜1554)の創建。
毛利輝元が広島城築城以前より此の地に大小の二社があり、大の社を「空鞘大明神」小の社を「彦山明神(現在の幸神社)」と唱えた。延享(1744〜1747)・明和(1764〜1771)年間の二度にわたる火災にもその都度再興され、天保五(1834)年に社殿を再建、1872年村社に列せられる。
大正8(1919)年社殿を新改築。
昭和20年8月6日原子爆弾により灰爐に帰したが、昭和28年10月復興され漸次境内地の整備を行なっている。



FC2無料ケータイHP